製品紹介(PRODUCT)

たとえ困難なことでも、先例のない案件でも、
栄光技研は決して投げ出しません。
困難に試行錯誤しながら挑んでいくことで
自らの技術力を高めていく。
そうして培われた粘り強さと柔軟な発想力が栄光技研の強みです。

CASE 1板バネ

多品種小ロット生産

板バネ1

ご依頼

材質:SUS304-CSP
板厚:t=0.3
加工法:プレス加工

ご提案

使用用途として、医療機器部品として勘合物同士の隙間に使用するものです。

CASE 2板バネ

後加工処理

板バネ2

ご依頼

材質:SK5H
板厚:t=0.8
加工法:レーザー加工
後加工:無電解ニッケルメッキ

ご提案

医療機器部品に使用されます。曲げ成形の多い板バネにはSK材(生材)を使用することが多いです。

CASE 3板バネ

リボン鋼

板バネ3

ご依頼

材質:SK85-CSP(H)
板厚:t=1.2
加工法:レーザー加工

ご提案

使用用途として、産業機械部品に組み込まれます。平板の形状カットの板バネなので焼き入れリボン鋼を使用しています。

CASE 4板バネ

コスト削減

板バネ4

ご依頼

材質:SUS430 2B
板厚:t=1.2
加工法:レーザー加工

ご提案

生活関連用部品として使用します。抜き型を使用せず、レーザー加工で金型費をカットしています。

CASE 5板バネ

加工方法 熱処理

板バネ5

ご依頼

材質:ベーナイト鋼
板厚:t=1.0
加工法:プレス加工

ご提案

農具用部品として使用されます。ベーナイト鋼は、熱処理を施した材料のため、熱が加わるカットを行うと使用時に割れが生じる可能性があるため、プレス加工で製作しております。

製作事例集無料ダウンロード
PAGE TOP