お知らせ(NEWS)

NEWS

2020.06.26|ばねを知る
《第16回》旋盤について(番外1)

当社では近年、旋盤加工部品にも注力しております。今回はばねではなく、旋盤について説明します!

 

<旋盤とは>

円柱状の材料を回転させ、そこにバイト(刃物)を当てて不要な部分を削りとる工作機械です。

旋盤にはいくつかの加工方法があり、刃物の種類や動かし方により呼び方が異なります。

旋削加工のほか、穴開け、中ぐり、溝加工、ねじ切りといった加工を行うことができます。

<旋盤加工機について>

主に①NC旋盤②汎用旋盤(普通旋盤)③卓上旋盤 ④正面旋盤 ⑤立旋盤 ⑥タレット旋盤があげられます。

本項ではNC旋盤について解説します。

NC旋盤は縦・横・高さの座標軸を設定し、あらかじめプログラムした手順通りにバイトを動かして自動的に加工する旋盤機で

す。数値制御をもとに、あらかじめ設定した手順で数十種類に及ぶバイトを使い分けて自動加工を行うのが特徴です。

一度材料をセットすれば、簡単に同じ製品を作ることができますので、大量生産の現場で活躍します。

加工物の材料や目的の形状に応じて回転速度やバイトを自由に調整できるため、急な形状変更にも迅速に対応できます。

近年工業製品の主流になりつつあるNC旋盤は、車や飛行機の部品、ミシンや医療機器など、幅広い製品を製作しています。

次回は旋盤の加工法について解説します!

PAGE TOP