お知らせ(NEWS)

NEWS

2021.09.22|常務のひと休み
【第196回】栄光技研に、評論家はいらない

コロナ禍、それだけでもあらゆることに影響が出て、判断しなければならないことの連続です。

半導体等の部品不足も深刻です。

現社長は、「会社は経営者だけのものではない、働く方々全員のものである。だからこそ、全員が、よりよく働くため、会社

を成長させためにどうすればよいか考え、実行してほしい。」と考え、発信しています。

最終的な判断や責任はもちろん自分がとる覚悟で、社員やパートタイマーのみなさんと会社を作っていきたいと思っているの

です。

当社では、全体会議と各部署の会議が月に1回~3回実施されます。それぞれの話し合いの場に、評論家はいらないと私は考え

ています。「○○に対して、●●したほうがよいと思います。」「こういうタイミングで○○に挑戦したい。」という意見が

ありがたいです。実際に自らが動くことを想定して、意見を述べることができるか・・・。

その問題に対して、自分は何ができるか。【自ら考え、自ら動く力】栄光技研が全社員に求めている力です。

そして、個人的にも、具体策のない評論ばかりの人が、私は苦手です(笑)

何かを成し遂げるとき、文句や愚痴、弱音を吐きながらも、前に進みたいのです。

先日、吉村知事がコロナ対策について「できないことばかり考えるのではなく、とにかくやってみる。やるためにどうするか

を考えて、やっていきます。」とおっしゃっているところを拝見しました。不安な毎日、進んでいることがあるのだと少しうれ

しく思いました。私もそうありたいと思っています。

課題に対して、一から十まで考えることを支援しなくても、自分で考えて深めていく人材を育成していけば、

会社はもっと強くなると思っています。

コロナ禍、我慢ばかりですが、慎重派の社長が珍しく前向きです。自ら考え、行動している姿を、社内で見ることができてい

るようです。これからの会社の成長の兆しを見つけて、喜んでいます。

PAGE TOP