お知らせ(NEWS)

NEWS

2020.06.30|常務のひと休み
【第67回】無意味なこと?非効率なこと?

世の中に、非効率なことはあっても、無意味なことはないのではないかなと思うことがあります。

仕事や会社は、必ず結果をださなければなりません。それは大前提のですが、

「失敗は成功のもと」ということわざがあります。

例え実現しなくても、知らなかったことを知ることができたり、知るために、そして学ぶために行動したことは、意味のある

ことだと思います。効率化をはかることは、企業の利益アップにつながりますが、目先だけの結果に終わる可能性もあります。

何事も取り組んだ本人が無意味だと思ったり、そう発言した時点で無意味になるだけで、それを活かすかどうかも個人次第。

どこまでを考えて、実施して、成功した、失敗した、その経験を次に活かすことができるかどうか。

これは精神論なのでしょうか?ジェネレーションギャップなのでしょうか?

楽にできることは、体や心の負担を軽減し、時間の余裕も生むことができます。効率化は、進めていくべきです。

ですが、一見非効率なことでも、何のためにそれを行うかが明確であったり、その経験を未来への投資と捉えれるのならば、

無意味なことにはならないと私は思います。

ものづくりはトライアンドエラー。遠回りしてしまうことも、よくあります。

しかし、その積み重ねが今の栄光技研を支えているのです。

しんどいことばかりは、つらいですが、経験から学べることを考えれば、負荷は必要だと思います。

なるべく楽しみながら、いろんな経験を重ね、技術力に対応力に磨きをかけていきたいと思います。

PAGE TOP