お知らせ(NEWS)

NEWS

2020.08.03|常務のひと休み
【第89回】海外での体験①

大学生のころ、短期留学で一カ月ほどオーストラリアで過ごしたことがあります。

大学のプログラムの一つなので、同じ大学のメンバーと一緒でした。ホームステイをしながら、大学に通うプログラム。

今でも思い出すほど、楽しかったですね~。ホームステイは、貴重な体験でした。

キャリアウーマンであるホストマザーと猫1匹のお宅にお世話になりました。自立した女性でした。

優しくて、聡明で、自分の人生をしっかり歩んでいる方でした。ホームステイというと夫婦と子供たちのイメージがあったた

め、最初は少し戸惑いましたが、とてもよい勉強もさせていただきました。20代前半の私は、自分の足で自分の人生を歩くと

いうお手本を目の当たりにしたという感じです。しっかり働いて、しっかり遊ぶ。しっかり稼いで、しっかり使う。

投資もする。社会貢献もする。今でも尊敬しています。

また、自分の語学力があまりにもつたなく歯がゆい思いもしました。必死で聞きたくて、伝えたくて、勉強もしました。

(中学校から英語の勉強してこのレベル・・・とかなり落ち込み、恥ずかしい思いをしたのです 笑)

ホストマザーから、いつも言われたのが、「自分の意見をはっきり述べること」でした。

どちらでもいいではなく、自分で決めること、自分を主張することを常に求めてくれました。

初日から、「あなたの朝食はあなたで準備してね。食べたいものを買い物に行くわよ~、何が食べたいの?という感じ。朝食

の準備も、ランチボックスの準備も全部自分でお願いね。できるよね?」

友人たちは、「朝起きたら、朝食の準備ができていて、子供たちと食べてるよ~お弁当も子供たちと同じように準備してくれ

ているよ~」 ホームステイといえば、こんな感じをイメージしていたので、驚きの連続でしたが、1週間もすれば、ホストマ

ザーとよい距離がつかめて、これは、これでとても充実していました。

「私は家で仕事をしてる。でも、質問はいつでもOK!聞かれなければ、教えないわよ(笑)」

ホームステイはお客様ではないでの当然のことなのですが、まだまだ修行の足りない私は面を食らっていました(笑)

主張しなければ、ほっとくよ~ということです。この一カ月で、人生観がガラリと変わりました。

知らず知らずのうちに、「みんながよければ、それでいい」ばかりになっていたことに気づきました。

その後、何事においても、自分の意見をもつようこころがけるようになりました。そのうえで、どう行動するかを決める。

異文化の中に身を置くことで、大切なことに気づくことができました。

PAGE TOP