お知らせ(NEWS)

NEWS

2020.04.02|常務のひと休み
【第9回】雰囲気の良い会社

以前、ブログで雰囲気の良い会社とは何だろう。(【第6回】私のパワーの源)とサンキューレターを貰った話(【第7回】逆境をバネに)を少し紹介しました。

そこから私なりにヒントを得たように感じたので、書いてみようと思います。

 


営業部Sさんは、とにかく真っすぐで、誠実な人柄です。その印象は、採用面接をした時から変わりません。

当社では、月に一度社員全員が集まり、社長も参加する全体会議を開催しています。

私から、みなさんにお願いしていることは、4つ。

①会社をよりよくするための会議 ②決定し、実行にうつすための会議

③課題に対して議論し結論を導き出す会議 ④栄光技研を成長させるための時間にしてほしい。

昨年までは私がテーマをある程度決めておりました。今年から少し変えてみることに。いつもの無茶ぶりです。笑

各部署の長に対して、上記4つのことを守ったら、テーマはなんでもOKというスタイルで運用する事にしてみました。

営業部の長であるSさんは社内のコミュニケーションを円滑にするために、

「違いを知り、相手を認めることの大切さに気付く」会議にしようと取り組んでくれました。

そして、会議のまとめとして、普段言えずにいる感謝の気持ちを手紙にしてみようと社員に語りかけました。

朝礼では、担当のSさんが、社長から全社員へ向けてのサンキューレターを読み上げてくれました。

忙しさや照れくささを言い訳にせず、感謝の気持ちが自然と言葉となり、相手に伝わる。

そういう会社は、きっと雰囲気が良い会社だと思います。

経営者としてEEプロジェクトや全体会議また仕事を通じて、社員がより一層学びや気づきを自ら発信していってくれればと  思います。

PAGE TOP